ラムサール条約登録地へ向けての最近

渡良瀬湿地帯は、今年3月の自治体合併で新たに4市2町で構成される事になりました。栃木県の藤岡町は栃木市として。埼玉県の北川辺町は加須市として。(小山市、古河市、板倉町、野木町は変わらず)
6月6日(日)「渡良瀬遊水池をラムサール登録地にする会」が地元議員を案内しました。
b0019564_4101855.jpg
ウォッチングタワーで
b0019564_411514.jpg
鷹見台で
午後は小山市内でフォーラムを開催。2012年のCOP11に向け、渡良瀬湿地帯の現状とこれからについての活動等の話がありました。
午後から参加した議員各氏も熱心に耳を傾けていました。
b0019564_416281.jpg
解説する浅野事務局長と参加者の皆様  (画像・コメント:内田)
[PR]
by watarasem | 2010-06-07 04:02 | 日本有数のヨシ原を守ろう
<< 足尾・夏の草刈り 最近のわたらせ >>