古河7小5年生のヨシ刈り(渡良瀬湿地帯)無事終了!

1月28日の古河7小5年生によりヨシ刈りが無事終了しました。

 当日は天候に恵まれて、みんな非常にいい汗をかきました。

 わたらせ未来基金(渡良瀬湿地帯・学校ビオトープチーフマネジャー)の内田が最初に今日の学習目的を話した後、針谷さん(旧谷中村遺跡を守る会)、宮内さん(ヨシ業者)に挨拶をいただきました。
b0019564_23321760.jpg

 その後、クラスごとにヨシ原に入って、宮内さんから昔のヨシ刈りの方法と現在の方法を実際にやってもらって説明をしてもらいました。 
鎌を使ったかつてのヨシ刈り(宮内さん)
b0019564_2333039.jpg

バインダーを利用した現代のヨシ刈り
b0019564_23333198.jpg

刈ったヨシをみんなで束にして集めています。
b0019564_2333535.jpg

集めたヨシの束を押し切りを使って切りそろえてます。
b0019564_23341659.jpg

刈り取ったヨシは今後小学校でヨシズに編んだりして環境教育を行っていく予定です。
 当日は、(財)栃木県経営者協会の方4名と栃木県社会福祉協議会福祉部地域福祉課・ボランティア課の竹沢さんがボランティアとしてお手伝い頂きました。
 針谷さん、宮内さん、古河7小の殿塚先生をはじめとした先生方には大変お世話になりました。お礼申し上げます。

 *当日、東京新聞(堀内さん)とRCC(古河ケーブルテレビ)の取材を受けまして31日の東京新聞の掲載されるということです。
[PR]
by watarasem | 2005-01-31 23:45 | 古河第七小学校
<< 足利南高校第3回授業終了! 栃木女子高校でビオトープ設置が決定! >>