第1回「授業レッスン会」終了!

2月26日午後1時より
「授業レッスン会」が藤岡町立遊水池会館 2階 中会議室 で行われました。

 予約は20名強の方からありましたが、インフルエンザがはやりだしたようで、当日は17名の方が参加しました。

 宇都宮大学・東洋大学の若い学生の方が多く参加しまして、ビオトープを設置して頂いている藤岡第二中学校の先生も参加をいただきました。

 対象を小学校4-5年生に設定しまして以下の題材のデモが行われました。

題材1:「池に集まるトンボたち」・・・・・・・・・・・千野 繁
ねらい:トンボを題材として生きものの「体のつくり(生体)」「くらし(生活史)」「すみか(ハビタット)」を学び生きものの立場になって考えることができるようにする。
題材2:「ドングリは森の主役-ドングリが結ぶ渡良瀬川流域~・・・-」 ・・・・・・・谷 雅人
ねらい:身近なドングリとはどういったものかを理解し、足尾での植樹の重要性を学ぶ。

題材1では
 黒板を使いながら、「わたらせ未来プロジェクト」と連携している「アサザ基金」で実際に導入として行っている内容を「わたらせ未来基金」「アサザ基金」両方で活動している千野氏が行いました。

 内容はビオトープ設置の目的(①アサザを守る②メダカを守る③ビオトープにどんな生き物がくるか調べる)からいきものの①体のつくり ②くらし ③ すみか を基本において
・アサザの一年
・メダカのくらし
・ビオトープに集まるトンボ

 という展開で授業が進められました。

題材2では
 パワーポイントを使用して実際に「わたらせ未来プロジェクト」の内容であるドングリによる足尾での植樹の話を谷が行いました。

 内容は「ドングリとは何か?」ドングリが分布する植生、ドングリを主役とした森林に集まる生き物たち、「渡良瀬川流域とは?」渡良瀬川流域 足尾におけるドングリを使った植樹活動についての授業が行われました。

 今回の「レッスン会」の進行については、デモを行いながら途中 ポイントポイントで意見や訂正などを行いながら進められました。

 参加者よりいろいろな意見がありました。
 ・流れをつかむ
 ・多様性をどのように表現するか?
 ・ねらいを明確にしたストーリーづくり
 ・板書の方法
 ・問いかけ方式
 ・漠然と聞くのではなく2択3択で手を挙げさせる
などなど

 今後も定期的に同様の「授業レッスン会」を行っていくことが確認されました。次回は宇都宮大学の学生を中心として、行う予定です。

 会場の利用、機材などを貸与していただいた「アクリメーション振興財団」「利根川上流河川事務所」「藤岡町」には大変お世話になりました。
[PR]
by watarasem | 2005-02-27 18:54 | 授業レッスン会
<< 藤岡第二中学校ビオトープ視察会 栃木女子高校のビオトープ土を採取! >>