古河第三中学校にビオトープ設置が決定!

 3月はじめに古河第三中学校-古河市教育委員会-国土交通省利根川上流河川事務所-東京大学経由で古河第三中学校に2005年度ビオトープを設置することが決まりました。

 今回の学校ビオトープ設置に関しては、渡良瀬遊水池に関して関係者団体(国土交通省利根川上流河川事務所、周辺自治体:古河市・小山市・藤岡町・野木町・板倉町・北川辺町、広域市民団体)などで組織されている「渡良瀬遊水地自然保全・利用連絡会」の「環境学習部会」で昨年に決められたケース2(学校ビオトープ)が初めて適用されることになります。
*ケース1は渡良瀬遊水地内に今年度3箇所設置する予定(国土交通省の管理による)。

 これ以前から「わたらせ未来プロジェクト」の一環としての「お宝探しプロジェクト」として「わたらせ未来基金」「東京大学保全生態学研究室」が独自に行ってきたもの(土採取については国土交通省に許可を申請して行われています。)が、2市4町の要請に基づいて「環境学習部会」を通し承認された「学校ビオトープ」設置は国土交通省が土の運搬についての費用を提供していただくことになりました。学校側との連絡、コーディネートは従来どおり「わたらせ未来基金」、調査研究は「東京大学保全生態学研究室」が行います。
[PR]
by watarasem | 2005-03-10 02:05 | 古河第三中学校
<< ビオトープ用土の採取と運搬(渡... おひなさまの日に乙女達がビオト... >>