5月4日森びと教室(九蔵沢現地見学)

5月4日
午前
 講師:村上荘亮氏(元林野庁職員 足尾在住)
 テーマ「私が学んだ足尾の森」
 九蔵沢現地見学

まず、九蔵沢の林野庁研修施設において、村上氏が20年以上行ってきた緑化事業について説明がありました。
(写真 林野庁研修施設における説明 白いベストで説明する村上氏 谷提供)
b0019564_12461145.jpg

(写真 植生盤作成用プレス機 谷提供)
b0019564_1247191.jpg


 その後、外に出て見学会。特に地質・地形に基づいた緑化のやり方が説明されました。
(写真 もっとも職に植樹されたクロマツ林 昭和35年 下部の岩盤が炉質しているところは昔の川面 その後の崩壊で深い谷になった。 谷提供)
b0019564_1250584.jpg


途中、この冬に被害にあったヤマザクラがありました。現地ではシカかと思ったのですが、後で考えたらこの激しい剥き方はクマかもしれないですね。と村上氏と話をしました。クマならば爪あとが残っているはず。今度確認をしに行って着たいと思います。出たばかりの花と葉もサルにきれいに食べられていました。
(写真 シカ?クマ?に剥かれたヤマザクラ 谷提供)
b0019564_12543027.jpg

(写真 サルに剥かれた枝と食べられた花・葉 谷提供)
b0019564_12555836.jpg


 地質による崩壊の違いの説明を受けました。
(写真 地質によって崩壊度が異なる斜面 花崗岩の風化地域:右側の方が安定しない。谷提供)
b0019564_1258789.jpg

(写真 現地見学会の様子 谷提供)
b0019564_1259651.jpg

[PR]
by watarasem | 2005-05-06 12:42 | 足尾の森を復活させよう
<< 5月6日 大和田氏主催植物観察会 5月3日森びと教室 >>