5月26日ビオトープ調査

東京大学によるビオトープ調査が行われました。

以下東大安島氏からのコメントです(安島氏からの了解を得て掲載しています。)

少しずつ緑が目立ってきました。
種子から芽生えた植物が10数種、
地下の茎や根から再生してきた植物が10種ほど、確認されました。
水の中に成育する植物は季節がまだ早いので、まだわかりません。
これから何か出るかもしれませんので楽しみに待ちたいと思います。
池では早くもおたまじゃくしやアマガエル、小さなゲンゴロウの仲間が
泳ぐのが観察されました。
(詳しい種類がわかりません。ごめんなさい。)

1年生を対象にビオトープをつくった経緯や今のビオトープの様子について、
30分ほどお話と観察をしました。
今までどういった池なのかを知らずにいた学年ですが、
ほとんどの人が初めて池を間近に見て、
小さな芽生えやおたまじゃくしがいることに感心した様子でした。
これからも変化の様子を見守っていただけたら、と思います。
また、2年生のビオトープ委員の生徒さんたちと一緒に池の観察を行いました。
みなさんとても熱心で、メモを取りながら観察をしていました。
20名ほどの委員の人たちが常に心を配ってくださっているというのは、
とても心強いことです。
これからもどうぞよろしくおねがいいたします。
新しい発見があったら、ぜひ報告してください。

(写真提供 谷)
b0019564_1635356.jpg

b0019564_1643196.jpg

[PR]
by watarasem | 2005-05-27 15:38 | 古河第三中学校
<< 雪の遊水池 5月26日調査 >>