古河市立小学校の3校

 10月15日(土)塚田氏とともに古河市立1小、3小、7小のビオトープを整備してきました。

 古河3小、メダカが見られないとのことで、池内のガマ、シロネ、カヤツリ草
池底の堆積物(周りの落ち葉が大半)等を整備、また水空間の面積を広げました。
b0019564_2148070.jpg


 古河1小、やはりガマ、シロネ、セイタカアワダチソウ、ヤナギの木を取り除き
ました。見た目はあまり変わらないようにしました。シートに穴が開いているようです
北側からにじみ出ていました、タコノアシが色づき始めていました。

 古河七小、夏に宇大松井教授、学生さんたちと整備と攪乱の成果あり、トンボ池
西側はガマはほとんど穂をつけていません、そして何とミズアオイが9株、まだ花をつけている
ものもありました、種子もしっかりとついていました。来年も期待は大です。ミズアオイ
廻りのガマを引き抜き空間を広げました、東はガマの林、穂を刈取ったり水空間を少し広げましたが、シートに穴が開いていると思いますが、水量があまりありませんでした。
また、古タイヤが5本浮かべてありました、観察しやすくしたのでしょうが何となく遊水池での不法投棄を思い出してしまいました。
b0019564_21513011.jpg

                                       (画像とも内田提供)
[PR]
by watarasem | 2005-10-16 22:06 | お宝さがしプロジェクト
<< 古河6小のビオトープ池 10月5日の様子 >>