足利南高校第2回授業

 20日、12:05~12:55まで 足利南高等学校で「お宝探しプロジェクト」の学校ビオトープを利用とした授業が行なわれました。
 
 今回の講師は
 安島 美穂氏(東京大学保全生態学研究室

演題:地域から地球の生物多様性保全へ

 生物多様性とは何か?
 生物多様性の危機!
  レッドデータブックとは
  いきもののつながりの糸が切れることがもたらすもの
 協働による自然再生事業!
  渡良瀬遊水池の自然再生事業
 渡良瀬遊水池とは?
  湿地の変遷
  沈水・浮遊植物の減少
  遊水池のレッドデータブック記載種は49種
 湿地再生における土壌シードバンクの役割
 足利南高校のビオトープ調査から
  レッドデータブック記載種5種が確認!
  「お宝探しプロジェクト」全体では現在レッドデータブック記載種が13種発見されている。

 というようなことがパワーポイントを使用して非常にわかりやすく説明されました。
 参加した45名の2年生も熱心に聴いていました。生徒からの感想を基にして次回の授業をどのように行なっていくか、関係者の皆様と一緒に相談していく予定です。
下の写真は今日の学校ビオトープです。
b0019564_140536.jpg

[PR]
by watarasem | 2004-10-21 02:37 | 足利南高校
<< 第1回阿世潟峠-銅親水公園 無... 第1回「ウォーク the わた... >>