林を守るための防火帯の効果

  昨年の12月に防火帯作りを兼ねてヨシ刈りを実施した横堤の屋敷林に、3月17日のヨシ焼きの4日後に行ってきました。
  樹木の周囲のヨシを刈った場所も、地表面は燃えていますが、ヨシを刈っているため燃え上がるものが無く、樹皮が焼けることは無かったようです。防火帯の効果有りと言えると思います。
  渡良瀬の湿地帯のほんの一部ですが、ヨシ刈りをやった甲斐がありました。
  毎年のヨシ焼きで、樹木がだんだん少なくなっていると言われています。単一化した
ヨシ原でなく、多様性のある湿地帯であってほしいものです。

b0019564_235841100.jpg

塚田

                            
[PR]
by watarasem | 2007-03-22 00:00 | ヨシ刈り
<< 息吹:春 葦焼き前のゴミ拾いと防火帯作り >>