<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

9月3日植物観察会とツバメ塒入り

まだまだ暑い日が続きますが、皆さんお変わりありませんか。
 
 28日は、安蘇沢植樹地の草刈(都合で私は参加できません)
9月3日は、10:00より大和田さん主催、秋の植物観察会
今回はどこに案内させてもらえますか楽しみです。
夕方17:00から恒例のツバメ10万羽の塒入り観察会です。
(主催:野鳥の会栃木県支部、共催わたらせ未来基金)
塒入り前はアキアカネといっしょに飛びまくっています。
(藤岡町遊水池会館17:00集合)
 また、10月には第2回ウォーク・ザ・渡良瀬やドングリ拾いも
実施するべく準備を進めています。(22,23日)予定に入れて
ご参加ください。

文責:内田
[PR]
by watarasem | 2005-08-27 23:07 | イベント情報

足尾下刈りデー(2005)

2005年度安蘇沢草刈りデー

~渡良瀬川上流の足尾の森づくり~

 「わたらせ未来基金」では足尾の森林再生のため2002年から安蘇沢植樹地(国有林:日光森林管理署管内)においてドングリ(コナラ・ミズナラ)の苗を植樹しています。今年は4年目。3年前に足尾で拾ったドングリから育った苗木を4月30日に試験的に植樹を行いました。昨冬にはシカによって植樹した苗木の皮や芽が食べられてしまっていましたが、その後はシカに入られていないようで瀕死状態だった苗木の根元から新たな新芽が出てきています。

(写真 根元からでた新芽 谷提供)
b0019564_2361657.jpg




「森づくり」の重要なポイントは「植樹」だけでなくその後の管理にあります。夏の日差しによって周りの下草が新芽の生長を阻害しています。7月19日にひととおりの下草刈りをしましたが、ひとつひとつの苗木のよりよい生長を促すために、もう一度夏季の下刈りを行います。自然の中での森作りの難しさとともに樹木の生命力を是非体験し、確認してください。

 暑い残暑が続いている頃かと思います。足尾の上流の冷たい清流から涼をとりながら気持ちのいい汗を流しましょう。

日時     8月28日(日) 

原則雨天決行(現地での判断)

集合時間   午前10時

集合場所   足尾銅親水公園駐車場

当日、銅親水公園で「足尾に緑を育てる会」の「グリーンフォーラムが行われます。駐車場の利用が難しくなるかもしれません。

電車利用者:人数により、後日、集合場所・時間を決定し、直接個別に連絡をしますので、参加申し込み時連絡先とともにその旨お伝えください。

参加費    無料:保険に加入します。     

準備 昼食、飲み物、軍手、作業しやすい服装、帽子、雨具など               

その他作業に使用する道具類は会の方で準備します。

参加申込:ゲートから安蘇沢植樹地まで入る車の台数を事前に報告しなければならないため、参加者はなるべく下記に事前連絡をお願いします。特に電車利用者は、8月24日(土)までに連絡してください。

詳細は http://www.eco-online.org/watarase/ 

協力 林野庁日光森林管理署、足尾に緑を育てる会

<当日のスケジュール>

・午前10時~10時15分

銅親水公園入り口であいさつ

・午前10時15分~11時45分 移動(移動中周辺観察)。現地についた後、草刈り・鹿よけネット補修など。

・午前11時45分~12時20分頃 植樹地近くの河原での昼食。

・午後1時前 解散。

(午後1時より「足尾に緑を育てる会」主催の「グリーンフォーラム」のシンポジウムが行われています。)

連絡先
〒328-0053 栃木市片柳町4-16-1(猿山)
電話 0282-23-1078 メール tani@eco-online.org (谷)
当日連絡先090-6116-3876(谷雅人)gashizan@ezweb.ne.jp (谷携帯)
[PR]
by watarasem | 2005-08-21 22:57 | 足尾の森を復活させよう

古河3中ビオトープ委員が足利南高校でメダカ採取。

8月9日(火)

足利南高校のビオトープに古河3中のビオトープ委員3名と教頭先生が来てメダカの採取を行いました。

 2004年7月に渡良瀬遊水池で採取した「メダカ」が足利南高校のビオトープで1年間で数倍に繁殖して、うようよといます。

 シャジクモ類にメダカの卵が生みつけられて入るのを観察しながら次々とメダカを採取しました。足利南高校の生物部員の生徒が説明をしてくれました。

 古河3中のビオトープに行ってもすくすくと育ってくれると思います。


(写真提供 谷)
b0019564_022239.jpg

b0019564_0224458.jpg

b0019564_023122.jpg

[PR]
by watarasem | 2005-08-10 00:18 | 古河第三中学校

ビオトープ整備とメダカを採取(古河3中生徒とともに)

8月9日(火)

足利南高校のビオトープでビオトープの整備が行われました。
ビオトープ内のガマ類とヨシの抜き取りを行いました。

 2004年7月に渡良瀬遊水池で採取した「メダカ」が1年間で数倍に繁殖して、うようよといます。古河3中に2005年に設置されたビオトープにこのメダカを入れるために、古河3中の生徒3人(教頭先生とともに)が足利南高校に来て一緒に整備と採取を行いました。

 シャジクモ類にメダカの卵が生みつけられて入るのを観察しながら次々とメダカを採取しました。

 古河3中のビオトープに行ってもすくすくと育ってくれると思います。

(写真提供 谷)
b0019564_0153666.jpg

b0019564_0163744.jpg

[PR]
by watarasem | 2005-08-10 00:07 | 足利南高校

夏の遊水池

暑い毎日が続いていますが皆さんお元気ですか。
遊水池も蒸し風呂状態、10分もしないうち、汗がタラタラと・・ツバメが集まってきてますよ、いまのところ西方面が中心で北方面はまだ少ないです。1万羽弱といったところ。
 いつものようにスズメ、ムクドリの順です。アマサギもまだまだです。
 去年のミズアオイの楽園は今年はガマの楽園と化していますそれでも、水空間のところにちいさな群生がありますので今年も見られます。

 文責:内田氏
[PR]
by watarasem | 2005-08-07 22:56 | 日本有数のヨシ原を守ろう

8月1日の様子(ミズアオイがでていました。)

古河7小に行ってきました。


 5月19日に宇都宮大学・東洋大学の学生さんと一緒にガマ等の刈り取りなどを行った際に、池を意識して攪乱したせいかミズアオイが4株ほどでていました。

(写真 ミズアオイ  谷提供)
b0019564_23402215.jpg


 ビオトープではアオミドロが繁茂していたので、すくって水を大量に入れておきました。その後雷雨がきましたけど。

 古河7小ガマ類は、ほとんどがコガマのようです。シートを破る可能性の高いヒメガマは2個体で穂を出していましたが、まだ出ていないものもあるようです。ヒメガマとコガマの同定については穂がでれば雌花(ガマの穂で下側の大きなもの)の上にある雄花部分が連続してついているものがコガマ。間が空いているのがヒメガマです。葉の形で見分けるのは難しいようで、概してヒメガマの方がコガマやガマよりも一段高く葉を出しています。看板が新しくなっていました。ショウジョウトンボをイメージしているとのことです。

(写真 ほとんどがコガマ 葉が一段高くまで伸びているのがヒメガマ 谷提供)
b0019564_23505333.jpg

(写真 手前がヒメガマ 後ろがコガマの穂  谷提供)
b0019564_1164458.jpg


セリが群落となって花を咲かせていました。これはヌマゼリか?
(写真 セリの花 谷提供)
b0019564_23553100.jpg


 1月24日に昨年秋足尾の銀山平で採取した落ち葉をプランターに入れて古河7小においておいたのですが、そこからクマイチゴ・ツボスミレなどが出ていました。ちょっと現段階では花が出ていないので判別ができてないのですが、キンポウゲ科?と思われるものが出ていました。最初はケシ科のタケニグサかと一瞬思ったのですが、違います。何かなーー?
(写真 足尾の落ち葉からの芽生え 谷提供)
b0019564_011567.jpg

b0019564_02236.jpg

b0019564_022870.jpg



 
[PR]
by watarasem | 2005-08-01 23:33 | 古河第七小学校